ジスロマックの効果を徹底紹介!一発で性病を撃退する抗生物質

ジスロマックの副作用

medicines on hand

クラミジア菌のみにとどまらず、肺炎球菌や歯周病菌、そのほかさまざまな細菌に対して効果を発揮するジスロマック。
この抗生物質はスグレモノ、と表現してまず間違いありませんが、一方で「副作用がある薬」として注意する必要があります。初めてのむ人は面食らってしまうかもしれませんが、特に「冷たいものを食べたりするとすぐ下痢になる」など胃腸の弱さを普段から自覚している人は、注意しましょう。ジスロマックを飲んだ日から数日間、下痢に悩まされてしまう可能性があるからです。
もちろん、どんな薬の副作用もそうであるように、ジスロマックの副作用にも個人差があります。
かなりひどい下痢をしてしまうという人もいれば、まったく感じずに過ごせる人もいます。
あまりにもひどい、ゲッソリ痩せるくらい下痢をしてしまうという場合は病院で相談しましょう。

ジスロマックを購入する前に、病院で相談するのも副作用に対処する方法のひとつです。副作用は、予防することができるのです。
予防の方法は、整腸薬を一緒に飲むことです。
そもそもジスロマックで下痢が起きてしまうのは、この薬の主成分であるアジスロマイシンが腸内の善玉菌もクラミジア菌などと一緒に攻撃してしまうからです。善玉菌を失った胃腸は調子を崩し、そのために下痢が起きてしまいます。
胃腸の調子を整える効果がある整腸薬をジスロマックと一緒に飲めば、アジスロマイシンによって与えられるダメージを軽減させ、副作用を最小に抑えるか、あるいは完璧に抑えることができます。